株式会社トロップスはがん患者さんとその家族に役立つツールを提供するアシスタンス会社です

12月10日保険毎日新聞で紹介されました。

2014年11月19日に行われた”一般社団法人保険健全化推進機構「結心会」”において、「CSR活動を保険代理店がすることで生き残ろう!」というテーマにおいて、弊社の『 がん患者相談支援システム Cancer Assistance Program 』をご紹介させていただきました。

記事内にもありますように病院では相談しずらい日常生活の支援情報、がんと経済的な問題、がんと就労に関する問題についても網羅されている相談システムについてご説明いたしました。
利用方法としては、1店舗あたりで年間12,000円でID・PASSを購入していただく形になります。購入して得られた支援ツールにつきましては、がんに罹患されたお客様にご紹介いただいたり、実際に店舗で公開していただくなどのかたちで利用できるようにしています。

がん患者支援やがん患者相談が、なぜ保険代理店からかと言いますと、
「人ががんに罹患したことを一番最初に知るのは医療機関。次に知るのは、保険会社であり、保険代理店。」であるからです。つまり、がんに罹患した早期の段階での患者さんの支援が可能な企業として役割を発揮していただくことが可能な立場であると言えます。

治療を行う医療機関と、がん治療生活を支える保険代理店がいたとしたら、患者さんとなったお客様にはとても心強いものになるでしょう。

ぜひ、お試しください。詳しくはこちら

20141210結心会記事